[Documentation] [TitleIndex] [WordIndex

human_detector: fake_target_detector | human_model_gazebo | point_cloud_reducer | target_object_detector

Package Summary

The fake_target_detector package

Contents

  1. About

About

fake_target_detectorを使って探索対象が見つかったことにできます。 まず、どこに探索対象がいることにするかを決めます。地図をrvizで表示しながら探索対象が居る場所にPublish pointを使ってクリックします。

rostopic echo /clicked_point

をすればクリックした座標がわかります。そのx, y座標をtargetlist/targetlist.csvにおきます。

rosrun fake_target_detector fake_target_detector

とすればtargetlist.csvに書かれた座標にBoundingBoxが表示されているはずです。そうすればちゃんとpublishもされています。 到達したwaypointが探索エリアでロボットから5[m]以内に探索対象がいればアプローチするはずです。 また一度アプローチした探索対象から近い場合には無視します。


2019-08-17 12:42